レイサム アンド ワトキンス外国法共同事業法律事務所のコーポレート部門所属のアソシエイト。M&A、一般企業法務、各種規制法を含む企業法務を幅広く手掛ける。

レイサム アンド ワトキンス入所以前は、東京の大手外資系法律事務所にてアソシエイトとして執務。日本国弁護士。

  • Future Facilities株式会社の買収においてCadence Design Systems(米国)を代理。Future Facilities株式会社は電子機器冷却シミュレーション技術および物理ベースの3Dデジタルツイン技術を用いた、データセンターの設計・運用のためのエネルギー性能最適化ソリューションのリーディングプロバイダーである。

Bar Qualification

  • Japan

Education

  • Diploma, The Legal Training and Research Institute of Japan, 2020
  • Master of Laws, Keio University, 2019
  • Bachelor of Laws (LL.B), Keio University, 2017

Languages Spoken

  • Japanese
  • English