レイサム アンド ワトキンス外国法共同事業法律事務所のパートナー。クロスボーダーM&Aを含む企業法務一般ならびにプロジェクト・ファイナンスを専門とする。

会社法、労働法、独占禁止法、倒産法、その他の行政規制上の問題を含む取引法務分野に関する日本の法律問題においてアドバイスを行うとともに、日本企業による海外でのM&A案件に現地の同僚弁護士とともに関与し、異なる商習慣のもと実行される日本企業のM&Aを支援している。また、日本のスポンサーやレンダーが関与する国際プロジェクトファイナンス案件においても、日本企業特有のニーズを踏まえたアドバイスを行っている。 日本国弁護士(第一東京弁護士会)およびニューヨーク州弁護士。

M&A

  • 日本を代表する不動産ファンド運営会社の一つであるケネディックス株式会社を、三井住友ファイナンス&リース株式会社と共同して13億米ドルで買収する案件においてARA Asset Management(シンガポール)を代理。本案件はALB(Asian Legal Business) Japan Law Awards 2022: Real Estate Deal of the Yearを受賞した。
  • センサータ・テクノロジーズ(米国)を代理して、日本を含む各国に拠点を有する半導体検査関連製品事業を、Boyd Corporationに売却する案件を担当。
  • エンジン用部品メーカーであるウォルブロー株式会社を、Nova Capital Managementと共同して買収した案件において、Landon Capital Partners(米国)を代理。
  • 企業及び公共機関向けシステム・ソリューション・プロバイダであるジャパンシステム株式会社の株式の投資ファンドLongreachへの売却案件において、DXC Technology Company(米国)を代理。
  • 乳製品の製造販売会社であるSaputo Dairy Australia(オーストラリア)と 株式会社モリ・インターナショナル・コーポレーションの日本における合弁会社再編案件において、Saputo Dairy Australiaを代理。
  • 帝人株式会社を代理し、自動車向け複合材料成形メーカーのInapal Plasticos S.A(ポルトガル)をベンチャーキャピタルファンドのECS Capitalから買収した案件を担当。
  • JPモルガン・チェース・バンクNA(米国)、三井住友銀行および三菱UFJ銀行を代理し、武田薬品工業株式会社によるShire plcの買収資金となる308.5億米ドルのブリッジファシリティ契約を担当。
  • 東京電力と中部電力の合弁会社である株式会社JERAを代理し、米国ニュージャージー州における972-MW天然ガス火力発電所Linden Cogenの権益50%の取得を担当。
  • 日産自動車株式会社の三菱自動車工業株式会社との戦略提携及びこれに伴う日産自動車による三菱自動車株式34%の取得(引受総額2,374億円)
  • Starbucks Corporation(米国)を代理し、スターバックスコーヒージャパン株式会社の完全子会社化に向け、未保有の株式60.5%を2段階の公開買付けにて取得した案件を担当
  • 住友電気工業株式会社を代理し、米国の大手焼結部品メーカー Keystone Powdered Metal Companyを買収した案件を担当。
  • Pharmaceutical Product Development (米国)を代理し、株式会社新日本科学との日本における臨床試験受託事業を展開するジョイント・ベンチャー設立を担当。
  • The Carlyle Group (米国)を代理し、病気の検査・診断ソリューションを提供するOrtho-Clinical Diagnostics(米国-日本子会社を含む)を41億5,000万米ドルでJohnson & Johnson(米国)から買収した案件を担当。
  • ロボット支援低侵襲外科手術システムda Vinci Surgical Systemの日本販売代理店であった株式会社アダチとの代理店契約合意解約ならびに日本における販売・マーケティングおよび研修システムの構築においてIntuitive Surgical(米国)を代理。
  • Wikia, Inc. (米国)を代理し、株式会社デジタルガレージその他の投資家との日本におけるジョイント・ベンチャー設立を担当。
  • 富士重工業株式会社を代理し、保有するPolaris Industries Inc.(米国自動車関連メーカー)普通株式を4億9,700万米ドルで同社に売却した案件を担当。
  • 株式会社リクルートを代理し、Advantage Resourcing America, Inc.(米国)およびAdvantage Resourcing Europe B.V.(オランダ)を4億1千万米ドルで買収した案件を担当。
  • 株式会社リクルートを代理し、Staffmark Holdings, Inc.(米国)を2億9,500万米ドルで買収した案件を担当。
  • セキュアード・キャピタル・ジャパン株式会社を代理し、東京証券取引所からの非上場化に伴う公開買付けおよびPacific Alliance Groupとの統合案件を主導。
  • 国内最大手のケーブルテレビ配信事業者、株式会社ジュピターテレコム(J:COM)の株式37%をKDDI株式会社に40億米ドルで売却した案件において、Liberty Global, Inc.(米国)を代理。

プロジェクト・ファイナンス

  • インドネシアのタンジュン・ジャティB 石炭火力発電所5・6号基拡張プロジェクトの開発向け融資案件において、NEXIならびにレンダーであるJBICおよび民間銀行を代理。
  • NEXIおよびJBICを、インドネシア西スマトラ州のムアララボ地熱発電プロジェクトに対する融資案件において代理。
  • 米国キャメロンLNGプロジェクト(スポンサーはセンプラ・エナジー社、GDF Suez社、日本郵船株式会社、三菱商事株式会社および三井物産株式会社)に対する74億円のプロジェクト・ファイナンス案件において、国際協力銀行(JBIC)および日本貿易保険(NEXI)を代理。
  • アルカラーナ石油化学プロジェクト(カタール)開発へのファイナンスの検討において輸出信用機関(ECA)を代理。
  • 西オーストラリア州沖合のイクシスLNGプロジェクトのファイナンスおよび開発において、JBICおよびNEXIを含むECAを代理。
  • パプアニューギニアにおけるPNG LNGプロジェクトに対する140億米ドルのファイナンスに関し、JBIC・NEXIを含むECAおよび民間銀行を代理。
  • Marubeni LP Holding B.V.による、チリの銅鉱山ポートフォリオ(Minera Esperanza、Minera El TesoroおよびMinera los Pelambresから成る)の30%の権益の取得に関する6億5千万ドルのプロジェクト・ファイナンスにおいて、JBICおよび民間銀行からの借入れおよび独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)による債務保証に関して丸紅株式会社を代理。 
  • シンガポールのSenoko Powerプロジェクトの26億5,000万シンガポールドルのリファイナンスについて、Senoko Powerを代理。

Bar Qualification

  • Japan
  • New York

Education

  • Certificate in Business Administration, Kellogg School of Management, Northwestern University, 2006
  • LLM, Northwestern University School of Law, 2006
  • Diploma, The Legal Training and Research Institute of Japan, 1999
  • LLB, University of Tokyo, 1995